クリニックママ クリニックのご案内
HOME > クリニックのご案内 > 診療のご案内 > 新生児科健診

診療のご案内

新生児科健診

乳児特発性ビタミンK欠乏性出血症に対するケイツ-シロップの投与について
 最近、母乳に唯一とも言える弱点があることがわかってきました。“乳児特発性ビタミンK欠乏性出血症”という病気で、母乳栄養児に多いということです。この病気は生後2週間から、2〜3か月頃におこる病気で、突然頭の中で出血したり重い後遺症を残すこともあります。
 この病気は、体の中のビタミンKが不足しておきると言われており、病気を予防するために、すべての赤ちゃんにビタミンKを飲ませようとする事が厚生労働省でまとまり、実施する事になりました。この方法でほとんど発病を予防し、又副作用も無い事がわかっていますので、当院でもそれを実施しています。投与は次のような方法で行います。
1回目……………生後24時間以内に看護師が飲ませます。
2回目……………生後4日目頃 看護師が飲ませます。
3回目……………生後1か月頃 1か月乳児健診時当院で飲ませます。

先天性代謝異常の検査(ガスリー検査)について
 生まれつきの代謝異常がないかどうかを乳児の採血をして調べます。早期に発見することにより、治療が可能になります。生後4日目に採血し、専門機関で調べてもらいます。
 また、多くの先天性代謝異常の発症率は何万人に1人だと言われていますので、ご安心ください。結果は、1か月乳児健診時にお知らせします。

赤ちゃんのきこえ(聴力)の検査について
 赤ちゃんはご両親の声や周りの音を聞いて言葉を覚え、しゃべり始めます。しかし、生まれつき聴力障害のある赤ちゃんが0.1〜0.2%の割合でいます。聴力障害を早期に発見し、適切な支援をする事が赤ちゃんの成長の為に必要です。
 検査は自動聴性脳幹反応(自動ABR)で行ないます。数分間でできて痛みはありません。薬も使いません。結果はその場でわかります。要再検査の場合は専門医をご紹介します。
 各市町村により異なりますが助成金が出る場合があります。「新生児聴覚スクリーニング検査同意書兼検査申込書」に署名の上、お申し込みください。申込書はナースステーションにてお渡しいたします。
 なお、検査費用は7,020円です。

1か月乳児健診について
 当院では小児科専門医による乳児検診、予防接種を行っています。1か月乳児健診では、お母さんの検診と赤ちゃんの健診を行います。日時は退院の際にご案内をいたします。健診を受けられる際は、下記の持ち物をご用意ください。
  • お母さんと赤ちゃんの健康保険証
  • 母子健康手帳
  • 乳幼児等医療費受給者証
  • ビニール袋
  • オムツ
  • ミルク
  • 赤ちゃんの着替え

4か月・7か月健診について
 当院では、名古屋大学新生児科専門医による4か月・7か月健診を行なっております。
ご希望の方は、受付にてご予約ください。(各4,000円)


前のページへ戻るこのページのトップへ
HOME
メニュー
ごあいさつ
クリニックのご案内
クリニックの概要
診療のご案内
 妊婦健診・分娩
 オッパイケア
 新生児科健診
 不妊治療
スタッフのご紹介
費用について
教室のご案内
サービスのご案内
アクセス方法
お問い合せ
リクルート
サイトマップ
リンク
プライバシーポリシー
Copyright 2006. All Right Reserved.
初めての方へ ご出産される方へ ご出産された方へ 不妊治療を希望される方へ お客様の声よくある質問
Copyright 2006. All Right Reserved.